テストランの結果が出たのでメモを

iStick TC100W
ザクの調整パラメータ
  • シリコンAFC1スロット(3つ穴連続)では足りない?そもそも火力不足(ただ単にリキッド切れだった)
  • ザク2は漏れないのは良いが、=補充が面倒なのでアウト
  • AFCがいらないっぽい
  • とりあえずシングルでは煙量が足りない
BSDで、SS316Lはメッシュでコイルカットも考慮対象だから、先が長い。

尊敬する大先輩のブログでUD Modの評価についてケンカを売ってしまったので
なぜ316Lが高くてステンレスにこだわるのか?だけ解説しておこう。

  • イオン化傾向を見てほしい
  • そして注目するのはサルフェーション(自動車用鉛電極の電極復活の話)
  • アトマイザの中は電気分解槽になっている
  • 少なくとも18650セルの陽極側(グラウンドに対して電子密度が低い側)を、黄銅か銅に一回揃えたい
  • で、グラウンド側はステンレスにしたい
  • なぜかというと、そこに突っ込むリキッドが電解溶液になるから
  • とりあえず、別の大先輩に倣って、ベースのリキッドを決めるまでは、金属種の境界を減らしたい。
  • リキッドが決まれば、話が別、それが美味しく吸える金属の組み合わせに移行する
  • とはいえ、めんどくさいんで加工性に劣るが手慣れたSV925(銅7.5%の銀)のキャストに行きそうな気がする。本来僕はK14-K20位の金もの(特にパラジウム系の白物)が一番楽なんだけど・・・Ptは後加工性に優れて、仕上げが楽なので捨てがたいが、しょせん表面はロジウムになってしまうので、問題がある。テストするにはロジウムは高すぎるし、回収も難しい。
  • そうすると切削性と加工性を考えて、銅(黄銅=真鍮、白銅含む)で原型を作って、銀吹きすることになる
  • ガラスの評判が良いようなので、銅、あるいは銀の段階でエナメル処理に入ってしまう可能性も結構ある
  • シリコンはどうせ入っているので、ガラス管の入手性によって、初期はシリコンに逃げる可能性も高い。
  • ステンレスはCが低いとイオン性が高くなる=L系、がプラチナにまるで敵わない。
  • で、L系にはこだわらない。
  • 304と316はモリブデンの有無が問題。モリブデンは高い。で、316Lが一番高い標準的なステンレスなだけ
  • 304と430はニッケルの有無で値段が変わる。値段が高いのは(混合金属の都合で)316>304>430だが
  • 正直、材質として一番向いていそうなのは430
  • 好みとしてはKanthalA1でアトマイザを作って陽極側を銀、陰極(グラウンド)側をSUS430にしたいぐらい。
  • 理由は抵抗値、脇電流と電圧差を制御できる。(1.6X10^8と4.8X10^7なので脇電流が1/30、A1なら1/60)
問題はリキッドと特にニコチンの低効率、コイルのガンクを見ている限り、ほぼ電解槽のサルフェーションと同形状だし、ニコチンは荷電バッファになってて捨ててると判断している。Kayfan系のタンクが上だとリキッドの熱対流でせっかくのカロリーが物理的に逃げてるみたいだし・・・Origenが美味しいのは石窯と同じで、無駄に熱容量が稼げてるんだと思う。ここら辺は完全に「何を信じてどっちに突っ込むか」だから、これは完全に私的な自分はこう突っ込むというメモ。
 
 
 


 

「LOVE3FVAPE」5%OFFのセールに釣られて、
  • OrigenGenesisもどき4mlを購入
  • 正直24H在庫のないOリングセットのおまけ
  • IVOGOのVelocityRTAのガラスもサンプル買ったし
  • えっ、OリングもIVOGOも24Hになってる。買おうか?
  • 取り敢えず保留、IVOGOはすごい扱いやすいんだけど、AFCとボディーの間にミストが滞留して、じくじく漏れるのが嫌だった。既成品でビルドを始めるなら、一番のおすすめだけどね。銀と黒とスペアタンクのセット。
  • IVOGOが地道に良いのはデッキ下部にコイルが触れてもショートしないところ。
でも、
  • この4ml見たこと無い気がする。
  • 他で見るキャスト?愛想のない(鬆だらけ)ボトムと写真が違う
  • V3にも6mlにも興味のない僕には、良い打ち止めサンプル。
ザク達はいい仕事をしてくれている。とりあえず、
  • シングルビルド1.5Ω15-20Wでは
  • キャップは熱処理付きの方が味が膨らむ
  • メタルよりもスリット入りシリコンAFCの方が固くなくて好み
  • ドリップチップは熱処理付平型(明日ステンベースのガラスが補充されるので更に確認)
  • ヒートシンク(ドリップチップ側)は無いほうが好みだが、メタルだと熱くなりすぎる。
  • テフロンは良い。PEIは後から臭みが出る。
  • アルミベースのガラス平は寂しくなってくる。
こうなると、悩ましいのが
  • ザク素材の追加は保留(一系として退役もあり)
  • テフロンドリップチップ付きのザク二系に移行すべきか
  • いずれにせよ。手持ちで、熱処理とビルド実験を済ませるべき
  • 特に、熱処理の全面実施(自然冷却、急冷硬化、グリセリン硬化の比較試験)
  • ステンメッシュのコイル化実験
  • ははは、デュアル0.5Ω10-15Wが全然美味しい。
  • まず、自然冷却熱処理ザクの、でかいデッキでコイル容量の拡大
あ、レビューの星の数ってまるであてにならない。試しにLIQUAで「何これトイレ行き?」とかミックスシリコンリングで「同じ柄ばっかり入ってたつまんね」みたいな正直なレビューを書いたら、ハネられた(笑)独断と偏見で選ぶしかないようにも見えるけど、Discusssionsでこいつのセンス、自分の好みに似てるかもと思った人の後(レビューやポスト)、をついてまわるのが結構手。

現状のシステムでは、セッティングはリキッド決まらないと始まらない。 でね。取りあえず洗い水を気にするのが基本。概ね地下水に依存するし、機器と生産設備に微量物質が集積する。水は通るだけだから。できたらカルフォルニア物を避けたい(流通の都合で、実際にはそうも行かない)のもそこ。カルフォルニア、水が不足していて・・・結構給水系統長い。海に近いと海水が土壌フィルタ通って地下水に入るので、周辺土壌環境が指針になる。で、HILIQさんは使うの諦めた。他にも違う問題あるけど・・・

ま、どちらもこちらも危ないことばかりですね。リスクはご自分で理解して判断してください。

材料が少し揃ったんで、ザク試作を始めてみた。
mod1
mod2
mod2airhole

エアホールは三穴をカバーするサイズに、拡張されている。
素材はV2までのOrigen RDA、結構かわいい。追加仕入れしないと、材料が切れてきた。




 

↑このページのトップヘ